世の中の奥様たちは様々な方法で、旦那さんの浮気の証拠を集めています。

もちろん探偵で浮気調査という方法はメインに行われているのですが、
浮気調査の証拠以外にも様々な証拠を徹底的に集めて有利になるために
メールやLINEのチェック、SNSのチェック、GPSや盗聴器まで駆使する方もいます。

しかし、この他にも予想外の方法で、浮気の証拠を
集める奥様達がいるのです。

以下の予想外の3つの方法を見てみましょう。

 

浮気の証拠を見つける予想外の方法3つとは?

1.衣服の汚れ具合から浮気を見抜く!

とある奥様は、日々の洗濯のときに必ず、
ワイシャツのエリ汚れの具合を見ているといいます。

特に冬場は汗をかきにくいこともあり、浮気をしている場合
証拠が顕著に現れる箇所なのです。

休日出勤で一日スーツを着用していたはずなのに、平日と
比べて明らかに汚れが無いという場合は怪しいです。

どこかで着替えて浮気相手とデートか、もしくはホテルなどで
さっさと脱いでいる可能性も考えられます。

衣類の匂いで分かるという奥様は聞いたことがありますが、
汚れ具合には注目するとは、さすがです。

 

2.科学技術を使って浮気をチェック?DNA鑑定を依頼する奥様も!

DNA鑑定は親子鑑定だけに限らず行えるものだということを
ご存じですか。

鑑定することで、そのDNAが男女どちらのものなのかが
判定できるのです。

なので数日間、旦那さんを残しての里帰りなどで家を留守に
した際に、旦那さんの下着や、シーツやベッドカバーなどを
袋に詰めて鑑定元に郵送して依頼をします。

奥様や家族以外の女性のDNA反応が出ればクロという、
科学を駆使した証拠集めなのです。

鑑定結果が出るのにかかる期間は2週間、費用は1検体で
6万円以下からということですが、探偵を長期間雇うのと
比較すると同等か、もしかしたら安いのかもしれません。

しかし相手の女性の特定となれば探偵の方が確実ですので、
懲らしめる対象を旦那さんに絞った方法と言えるでしょう。

 

3.浮気相手に証言させるという頭脳派の奥様まで!

男性の場合、浮気相手の女性が一人だけとは限りません。

その場合、そのうちの一人をなんと自分の味方につけて
しまったという奥様もいます。

浮気相手の女性からすれば、自分が訴えられれば
非常に立場が弱いはずです。
つまり奥様にバレてしまえば、デメリットしかない関係です。

しかも、彼には自分以外にも女性がいたとなれば、
復讐心も湧くのも無理はありません。

自分のことは訴えないことを交換条件に、彼の携帯を盗み見て
奥様に情報を提供したり、裁判で奥様側の証人として「いかに彼が
信用のおけない人物であるか」証言をしたという浮気相手もいます。

男性からすれば警戒すべきは奥様一人と思っているでしょうから、
浮気相手には携帯などに関しての管理が甘くなるのも無理はありません。

女性は誰を「敵」と見なすかでまったく行動が違います。

奥様と浮気相手が手を組んで旦那さんを「敵」とみなした場合、
これほど強力なタッグはないでしょう。

 
いかがでしたか?

女性ならではの洞察力や、最新の科学技術、さらには本来は
敵であるはずの浮気相手を味方にしてしまう奥様までいます。

男性の浮気を糾弾するべく、日々女性は闘っています。