浮気の証拠集めで違法行為とされてしまうケースはたくさんあります。

その一例として挙げられるのが「ボイスレコーダー」や「GPS」です。

一見、効率的な浮気調査方法として使えそうな方法ではあるのですが、
使い方次第ではアウトになってしまいますので注意が必要です。

また「違法行為」であると判断された場合には、
「違法行為」によって集められた証拠には
「証拠能力」が無いと判断されてしまう可能性が高いのでこの点にも注意が必要でしょう。

 

浮気の証拠集め!GPSやボイスレコーダーは夫婦なら合法の可能性が高い?

先ほどはGPSやボイスレコーダーの浮気調査の危険性についてご紹介しましたが
たとえ夫婦関係を続けていても自分で浮気調査を目的としたメールチェックの行為であっても
プライバシーの侵害や不正アクセス防止法になってしまう可能性があります。

もし、違反したとなれば、罰金や慰謝料請求されることになるでしょう。

また、メールチェックよりもボイスレコーダーを設置しての会話の録音や、
GPS機器を取り付けて配偶者の行動の監視をするほうが

夫婦関係において浮気調査を目的とした場合には
どちらかといえば「違法性はない」と判断されることが多い
です。

ただし、これらの行為は、夫婦には通用しますが、
恋人関係などでは「プライバシーの侵害」や「盗聴」「不法侵入」に当たるアウトな行為です。

また、以下のようにたとえ夫婦であっても違法になる場合があります。

GPSやボイスレコーダーでの証拠集めが夫婦でも違法となる場合とは!?

曖昧なボーダーではありますが、
「ボイスレコーダー」や「GPS」が夫婦関係でもアウトとなる場合があります。

それはどういうことかというと、なんと設置場所によって変わるのです。

GPS発信機を取り付けたり、ボイスレコーダーを設置したのが、
夫婦の共有スペースだった場合にはOKと判断されることが多いですが、
その設置場所がパートナー専用のものに取り付けた場合には
アウトと判断されることがあります

ですので、もし利用される場合は探偵や弁護士に相談するのがベストでしょう。

夫婦であったとしても最低限のプライバシーは
守られなければならないというのが法律的な見解
です。

その最低限のラインが、共有のものに設置するのか、
個人のものに設置するのかによります。

例えば車に設置する場合なら、夫婦関係になってから購入、
もしくはローンの返済を夫婦間で負担している車ならOKですが、
配偶者が学生時代や独身時代にローンが終えている個人所有の車であれば
アウトと見なされる可能性が高い
です。

部屋であればリビングや寝室など共有して使用しているスペースならばOKですが、
個人個人で部屋を所有している場合はアウトになる可能性が高い
ということですね。

このようにボイスレコーダーなどを設置する場合は、
配偶者の留守中に自宅に浮気相手を連れ込んだ場合、

どこの共有スペースなら確実に2人の会話が聴き取れるか
計算して設置しなければいけないということになります。

いかがでしたでしょうか。
このように設置場所ごとに違法性にとわれるケースとそうでないケースがあります。

もし利用したい場合には経験豊富なプロの探偵に相談してから設置したほうが無難といえるでしょう。