浮気が発覚した際の対処は、今までも何回も
まとめて来ましたが、今回は
「1度解決したはずの浮気がどうやら続いている」と感じたときの対処法です。

この問題は、「旦那さんが別れたといいつつ、同じ相手とまだ関係を持っているのか」

「違う新たな相手がいるのか」

これによって大きな違いが出てきます。

 

別れたはずの相手とまだ関係が続いていた場合

この場合、浮気相手と別れさせたときに
あなたが下記2つのケースのうち、どちらの行動をとって
別れさせるに至ったのかによって対応が変わります。

ケース1:すべて旦那さんに任せ自分は関わらなかった場合

このケースでは、旦那さんの「浮気相手とは別れるから」という言葉と、
「浮気相手とは別れて来た」という言葉を信じてしまったことになります。

「浮気相手と別れた」と言ったにもかかわらず、
別れずに関係を続けていたのだとしたら、
悪いのはあなたに嘘をついた旦那さんということになります。

このような状況になった場合、あなたが相手の女性を調べ上げましょう。
そしてその女性に、別れること・二度と関係しないことを約束させ、
慰謝料の話などきっちりと進めて行かなければなりません。

探偵の浮気調査でしっかりとした証拠を集めたら内容証明などで相手の女性を追い詰めていきましょう。

ケース2:きちんと別れさせたはずなのに関係を続けていた場合

この場合には、旦那さんはもちろん相手の女性にも非があります。

ですので、探偵の浮気調査でしっかりと証拠を集めたら相手の女性と連絡を取り、慰謝料の追加請求をしたり、
裁判などの法的手段を起こせば、あなたが有利で展開がすすむでしょう。

 

新たな相手がいる場合

この場合、以前に浮気がバレているため、
旦那さんはかなり慎重に証拠を残さないように
駆使していることでしょう。

そのため証拠になり得るメールやLINEなどは
その都度消去している可能性が高いです。

そうなると、奥さんの証拠収集の手段としては
探偵事務所などに頼むことがベストです。
「どんなに浮気をしても絶対に潰してやる!」と
情熱を向けられるうちはいいかもしれません。

しかし、病的なまでに次から次へと浮気を繰り返すようで
あれば、離婚も視野に入れておいた方がいいでしょう。

 

離婚を視野に入れている場合、旦那さんへの慰謝料の請求には注意!

不貞行為が発覚した場合は、離婚しなくとも旦那さんと
浮気相手の双方から慰謝料を請求できます。

ところが、毎回旦那さんにも慰謝料を請求していて
かつ受け取っていた場合は注意が必要です。

実際に離婚に発展した場合、不貞行為に関しての慰謝料は
既に支払っていると見なされることになるのです。
そのため、蒸し返して請求することは難しくなってしまいます。

離婚を視野に入れるのならば、慰謝料の請求は浮気相手のみにして、
旦那さんからは離婚のときにまとめて取った方がいいでしょう。

 

このような旦那さんでも絶対に離婚したくないのであれば、
「毎回自分のところに帰ってくるのだから」と
割り切ってしまうのも一つの手です。

その方が証拠収集にかける時間や費用、ストレスからは
解放されるかもしれません。

1度ならず2度までも裏切られた奥さんの苦しみは大変なものであるはずです。

もしも慰謝料の請求や離婚をすることになった場合、
相手の女性や旦那さんに思い知らせることができるように
しっかり準備をして臨みましょう。