「浮気の疑いがあるけど証拠がどうしても掴めない。
 こうなったらもう探偵に依頼するしかない!」

そうなったとき、自分でも事前に下準備をしておくべきことがたくさんあります。

これを準備しておくことで、悪質探偵に引っかからなくなり、さらに
探偵が証拠を掴むまでにかかる期間が
グッと短くなるようになります。

浮気調査にかかる期間が短ければ、かかる費用も少なく済みますから
ぜひ押さえておきましょう。

 

探偵事務所を選ぶときの注意点とは?

今やネットで「探偵 浮気調査」などと検索すれば、
ごまんと探偵事務所や調査会社の名前が出て来ます。

そんな山ほど出てくる検索結果の中から、
信用できる探偵事務所や調査会社を絞りこむには
いったいどうしたらいいのでしょうか。

 

怪しい探偵事務所かどうか、ネットの検索結果で判断するコツ

実際に探偵事務所などのページを覗いてみると、
やたらと「業界No.1!」や「実績No.1!」、
「確実に証拠を掴む安心の実績!」などと掲げているものが目につきます。

しかしよくよく見てみると、これといって裏付けになるようなデータは
載せられていなかったりするのです。

根拠の無い「業界No.1!」は信用しないようにしましょう。

さらに注意しなければいけないのは「格安!」という言葉です。

こちらは「調査費用にいくらかかるんだろう…」と不安なわけですから、
大変魅力的な謳い文句ではあります。
しかしその言葉を簡単に信用してはいけません。

なぜなら、浮気調査というのは途方もない時間がかかったり、
ターゲットの尾行などで屋外での作業時間も多く
暑かったり寒かったりと肉体的にも大変なことばかりです。

またきちんとした探偵事務所であれば
調査は複数人でチームを組んで行うことになります。
その人件費から考えても「格安!」で済むわけがありません。

 

電話応対でわかる不審点

電話をかけたときになかなか出なかったり、
ろくに話も聞かずに事務所に来るように言ってくる探偵事務所は怪しいです。

きちんとした探偵事務所であれば、
電話に出るくらいの余裕のある人数を雇っているはずです。

「電話に出られないのは忙しくて人気の探偵事務所だから」
とは考えないように気を付けましょう。

さらに、とにかく探偵事務所に1度来るように言って来たりする事務所も怪しいです。
相手に丸め込まれてしまう可能性がありますから気を付けて下さい。

また「印鑑を持って来て下さい」と言われた場合には、
その場で契約させてしまおうという考えがあるということですからこちらも注意が必要です。

 

探偵事務所に行ったときにはここに注意!

実際に探偵事務所に行ったときには、以下の4つの点を
きちんと説明してくれるかどうかチェックしましょう。

・何人でどのような調査を行うのか
・調査費用はどのくらいかかるのか
・追加で費用が必要になるのはどんなときか
・調査中に電話対応はしてくれるか

また、契約を急かすような場合にも気を付けて下さい。

必ず一旦持ち帰って検討するようにしてみましょう。
さらに他の事務所にも相談に行ってみて、
その上であなたが信頼できると思ったところに
お願いした方がいいです。

探偵事務所に行き慣れている人なんていませんから、
緊張してしまうかもしれません。

しかしその隙に付け込まれて、怪しい探偵事務所と
契約させられてしまわないように、
納得行くまで話を聞いてみてから判断するようにして下さい。

次に気に入った探偵事務所が見つかったら以下の行動をするようにしましょう。
そうすることで浮気調査の費用を削減できます。

ノートにまとめていきましょう

あなたが知っている限りの情報を、
事前にノートにまとめていきましょう。

具体的には、下記の3つのポイントを意識してみてください。

・いつから旦那さんの浮気を疑っているのか
・なぜ疑うようになったのか
・旦那さんがとった怪しい行動はなにか

これらを時系列でまとめていきましょう。

もちろん浮気相手として疑わしい人物がいる場合は
その人の情報も書いておきましょう。

さらに、浮気をしている可能性のある日、
(例:「残業」や「飲み会」、「出張」)
遅くなる連絡をして来ずに帰りが遅かった日などを
それらの日の帰宅時間も一緒に手帳のカレンダーに
書き込んでおくようにしておきます。

そうすればこれをコピーしてノートに貼り付けるだけで
いいので、まとめるときに便利です。

他にも、旦那さんの会社の正確な住所はもちろん、通勤ルート、
何を使って移動しているかなどの情報も記入します。
旦那さんの顔写真も、できるだけ最近のものを
貼り付けましょう。

さらに旦那さんの趣味や交友関係、友人の写真、
趣味などで立ち寄る可能性のある場所やお店など、
あなたが知り得る限りの情報を、できるだけ細かく
書き出していきましょう。

探偵に与える情報が多ければ多いほど、
探偵も予測を立てて行動しやすくなります。

 

レシートは写真に撮っておきましょう

財布の中のレシート類は、抜き取るとバレてしまう
可能性があります。
ですからスマホなどですべて写真に納めることをおすすめします。

写真を撮ったらレシートは元通り財布に戻し、
あとで写真を拡大して情報を得ましょう。

浮気相手と行ったお店のレシートなどをとって置くような
マヌケな旦那さんは少ないでしょうが、
行動範囲を把握する上で重要になることがあります。

また、仕事などで長距離移動や高速を使うことがあるかどうかを
領収書などから把握しておきましょう。

こうしておけば長距離の移動があった場合には、
現地まで追いかけるかどうかといった相談も
事前に行いやすくなります。

このような移動費用は実費となるので、もし頼むとしたら
どのくらい追加費用がかかるかを知っておくことができます。

 
探偵に丸投げするのではなく、自分でも下準備をしておくことで
浮気調査の期間が短くなり、早く問題が解決するかもしれません。

次に探偵事務所に依頼した後の注意点についてもご紹介いたします。

探偵事務所に依頼をしたあと、気をつけるべき2つのポイント!

配偶者の浮気の証拠を掴むために探偵事務所や調査会社を
利用することは、今やめずらしいことではありません。

探偵事務所への依頼内容は浮気調査が90%にもなるといい、
浮気調査専門の探偵事務所があるくらいです。

しかし、依頼したからといって「これで安心」ではありません。

せっかくお金をかけて依頼したのに、あなたの取る行動が
調査のジャマになってしまうことがあるのです。

そこで、探偵事務所に依頼したあとで気をつけるべき2つのポイントについてご説明いたします。

 

1.探偵との契約書や報告書はきちんと隠すこと

探偵に浮気調査を依頼したことが、配偶者に
バレてしまっては意味がありません。

会うことを控えたり警戒されて、証拠が抑えにくく
なってしまう可能性があるからです。

あなたの留守中に旦那さんが探し物をしていて、
偶然契約書などを見つけてしまわないように、
確実に旦那さんの目に触れないところに隠して下さい。

「子供は字は読めないから大丈夫だろう」と、子供部屋に
隠すのもいけません。
子供が書類を見つけて「パパ、これなに?」と、旦那さんに
見せてしまうなんてことになっては困ります。

あなたしか絶対に触れないところ、例えば生理用品の
保管場所あたりが望ましいでしょう。
けれども年頃のお嬢さんがいらっしゃる場合には、
見つけられてしまう可能性もあります。

このように、意外と書類の保管場所というのは困るものなのです。

家族構成に見合った、絶対に家族に見つからない場所を
考えて隠すようにしましょう。

 

2.自分で尾行するのはNG!

探偵の人が1番困るのが、この行為です。

探偵に依頼をして、だんだんと情報を掴んで来ると、
ガマンできずに依頼人が自ら、旦那さんと浮気相手を
尾行してしまうというケースは意外と多いのです。

しかし所詮は素人ですし、実際にそんな現場を目の当たりにすれば、
頭に血が登ってしまうでしょう。
周りから見ればまぎれもなく不審者なので、尾行はバレバレです。

尾行していることが旦那さんにバレれば、
いくら探偵でも、それ以降の調査でさらなる証拠を
掴むのはまず無理です。

以前にもお話ししましたが、浮気の慰謝料というのは
「不貞行為の期間や回数」によって変わってきます。

十分な証拠を得る前にこのような行動をとってしまえば、
それ以上の証拠が得られなくなることで、慰謝料の金額が
思いのほか安くなってしまうということにもなりかねません。

「いくらなんでもそんなことしないでしょう」と思うかもしれませんが、
実際にこういうケースは存在していますので注意が必要です。

 
せっかくお金を出してプロに頼むのですから、
調査の対象である旦那さんから怪しまれるような行動はしないと固く心に誓って慎重に行動しましょう。