旦那さんが現在単身赴任中だという奥さんは、信頼している反面、
浮気をしていないか不安になることもあるのではないでしょうか。

残念ながら、単身赴任中の浮気というのはなかなかの高確率で起こっています。

なんと数値にすると、およそ80%近くが単身赴任中に浮気に走ってしまうというデータもあるほどです。

これは奥さんにとっては大変なショックでしょう。

心理学でも「単純接触効果」と言って、人間は接触する機会が
多い人を好む傾向にあるということがわかっています。

なかなか会えない美女よりも、いつもそばにいる
身近な人の方が好きになりやすいというような心理でしょう。

では、そのような高確率で起こってしまう「単身赴任中の浮気」を、どうやって抑制すればいいのでしょうか。
 

単身赴任中の浮気をさせない方法とは?

単身赴任の旦那さんの浮気をさせないためには以下の3つの方法があります。

1.旦那さんのところへ行く頻度を上げる

どうしても旦那さんが帰省するスタイルが多くなりがちですが、
こちらが旦那さんの単身赴任中の部屋に行く頻度を増やすことは浮気の抑制になります。

部屋に行った際には掃除をしたり、ごはんを作り置きしたり
しましょう。

掃除をすることは浮気の証拠発見の手助けになりますし、
掃除をしていることを知っている旦那さんは、浮気相手を連れ込む行為はしづらくなります。

さらにごはんを作り置きすることで、「帰らなければ
ならない」状況が生まれやすくなります。

次に訪ねた際に、ごはんの作り置きが冷凍庫などにたまっているようであれば、浮気相手と外食を重ねている可能性があることがわかります。

2.赴任先では必ず揃って外出!近くのスーパーや商店に顔を出すように

夫婦そろって外出して、ご近所の方には挨拶をし、スーパーや商店に顔を出すことで、
近隣の方にも夫婦であることを印象付ましょう。

そうなれば旦那さんは近隣の目を気にしなければなりませんから、
おおっぴらに浮気相手とデートをすることは難しくなります。

3.週に1度はゆっくり電話をする時間を

この電話の時間を確保してくれているうちは
あなたの優先順位は高いということになります。

急に電話で話す時間が短くなり、それが長期間に及ぶようなら、
その理由は「仕事」ではなく浮気の可能性があります。

また、顔が見えるのと見えないのとでは大きな違いが
ありますから、スカイプなどのビデオ通話を利用して
お互いに顔を見ながら会話するのがいいでしょう。

お子さんがいらっしゃる方は、お子さんにも会話を
してもらうことでより「家族の大切さ」を感じて
もらうことができます。

また、写メでは済まさず、きちんとプリントアウトした
家族写真を旦那さんの部屋に飾っておくこともしておきましょう。

ここまで「単身赴任中の旦那様の浮気の防止策」についてまとめましたが、
ここからは「浮気しているかどうか」に重点を置いてまとめてみます。

単身赴任の旦那さんが浮気しているかどうかの見極め方

単身赴任中の浮気というのは、そうでない場合と比べて
重症化しやすい傾向にあります。

赴任先から家族の待つ県への移動が決まったのにも関わらず、
それと同時に離婚を切り出すなんて人もいるのです。

単身赴任中の浮気は早期に発見して対策をしなければ、
手遅れになる可能性があります。

 

ビデオ通話を利用して、家族写真のありかをチェック!

旦那さんに連絡するときは、なるべくスカイプのような
ビデオ通話ができるものを使い、旦那さんの顔や部屋の様子が
見える状態で行うことといいでしょう。

そのときに「家族写真は飾ってるの?」と訊いてみてください。

もしも飾っていなかったり、慌てる様子が見られたり、
どこかにしまい込んでいたものを出してきた場合には、
浮気相手を部屋に上げている可能性があります。

 

赴任先だけではない!帰省した際の旦那さんの行動にも注意!

久しぶりに家族が待つ家へと帰ってくれば、
普通ならば旦那さんは家族団らんのひとときを満喫するはずです。

ところが、なにかと1人で外へ出たがる様子を見せたときには要注意です。

「タバコ買ってくる」

「ちょっとコンビニ行ってくる」

なんて言ってケータイを持って出る場合には、
浮気相手に連絡を取りに外へ出た可能性があります。

そんなときはこっそりと後をつけましょう。

旦那さんがケータイで電話やメールなどをし出したら
「あなた~!」と、あくまで明るく声をかけます。

電話の向こうの相手に聞こえるかもしれませんし、
慌てた態度を取るかどうか、旦那さんの反応を伺うことができます。

なんでついてきたのか尋ねられた場合には、

「ついでに買ってきて欲しいものがあったんだけど、
久しぶりだから少しでも一緒にいたくって」

とかわいく言ってみてください。

このとき、もし旦那さんが怒ったりするようであれば怪しいと言えるでしょう。
 

たまには突撃訪問!

旦那さんの赴任先の住居へと訪問する際には、
たまには事前に許可を得ず突撃訪問することが肝心です。

このとき歓迎しなかったり、慌てたり怒ったりするようであれば怪しいです。

奥さんと違って「突然来られてもごはんの支度があるから困る」など
という心配は旦那さんにはないはずなのですから。

また家の掃除をする際には、パソコンを念入りに掃除してみて下さい。

旦那さんが慌てた様子を見せれば、やましい連絡を
取り合っている相手がいるはずです。

また、ベッドのシーツ交換なども旦那さんの前で行うことで、
旦那様が慌てるようなら、かなり浮気をしている可能性は高くなります。

また、見たことのない洋服や下着が増えていないかも確認するようにしましょう。

 
単身赴任中の浮気は早期発見、早期解決が欠かせません。
離れている分手間がかかりますが、大事になる前に対処できるよう気を付けましょう。