離婚のときにもっとも揉めるのが、財産分与や慰謝料、
養育費などの「お金の問題」ではないでしょうか。

自分でも「財産」について把握できていない方は
多いでしょう。

今回はその財産の中でも「年金」についてまとめてみます。

 

年金も分割できる!

財産分与は、結婚してから2人で築いた財産は
すべて分けることが可能です。
そのなかには「年金」も含まれます。

離婚の原因が何か、どちらに非があるのかに関係なく、
婚姻期間中に2人が協力して築いた財産は
分割されることになります。

《POINT》

この年金の分割制度は、一般的なサラリーマンやOLさんなどの
「厚生年金」や、公務員などの「共済年金」には適用できます。

しかし「国民年金」と、職域部分に関しての「共済年金」と、
「企業年金」には適用できません。

もし自営業の方で「厚生年金」に加入していないという方は
残念ながら、強制的に年金を分けることはできないでしょう。

 

合意分割制度とは?

離婚の際に年金をどれくらい分けるのかの割合を決め、
厚生年金などの標準報酬の保険料納付記録を分割できる
システムのことを「合意分割制度」といいます。

分割の割合は、分割される側の分割前の持ち分の、
最大でも2分の1までの範囲
になります。

分割に合意した時点で、お互いに合意内容を記した書類を作成して
所轄の年金事務所へと提出をすることで成立します。

《POINT》

現在の段階では、離婚後2年間を過ぎると年金分割が
できなくなるので、早めに提出しなければいけません。

 

専業主婦の場合は?

専業主婦の方は「第3号被保険者」に当たります。

その場合は、旦那さんの厚生年金の保険納付実績を、
自動的に2分の1に分割することが可能となります。

この制度を利用するには、奥さまが請求手続きを
取ることが必要
になります。

奥さま一方からの請求手続きができますから、
合意や裁判などの手続きはいりません。

専業主婦に対して年金を分割されることを嫌がる
モラハラな旦那さん相手でも問題ないというわけです。

 

共働きで奥さまの方が稼いでいる場合には損をすることも?!

厚生年金の加入期間が長いほど年金は多くなり、
給料が多いほどに保険料が高いために年金額も多くなります。

この上で、年金額の多い方が少ない方へと年金を
分けることとなります

ですので姉さん女房で収入も旦那さんより多いという奥さまは、
分割によって年金を分けてあげる側になる可能性が高くなります。

 

受け取りはすぐにはできない

分割された年金は、年金を受け取る年齢にならなければ
もらえません。

熟年離婚でも無い限り、離婚してすぐもらえるわけでは
ないですから「これなら生活できそう」などと
浮かれてはいけません。

 
いかがでしたか?
意外と知らないことがたくさんあったのではないでしょうか。