“離婚をすれば、すべてのしがらみから解放される”と考える奥様は
少なくないでしょう。

しかし、実際には離婚をしたからといって、元旦那さんと
まったく関わらないというのはなかなか難しいものです。

特に、お二人の間にお子さんがいた場合に起こりやすいトラブルが
「面会交流」時のトラブルなのです。

 

基本的には拒否できないのが「面会交流」

離婚原因が暴言や暴力などであった場合を除き、お子さんと
元旦那さんの「面会交流」を拒否することはできません。

例えば旦那さんの不倫などが原因で離婚した場合、
「そんな父親は子供へ悪影響」だとお母さんが考えるかもしれません。

しかし「子供にとってはいい父親」であると判断されれば、
話は別となります。

お母さんがいくら拒んでも、父親がお子さんへの「面会交流」を
希望すれば、いつまでも応じないというわけにはいかない
のです。

 

こんな場合には拒否できる!

しかし、状況によっては拒否が可能な場合があります。

それは、お子さんの「福祉」の観点から良くないと
判断された場合
です。

具体的には下記のような場合が挙げられます。

・お子さん自身が会いたくないと言う場合
・暴力を振るわれる危険性がある場合
・養育費を支払わない場合

さらに、
・お子さんとの面会の際にお母さんの悪口を吹き込んだり、
現在の暮らしぶりについてしつこく聞いたり、
自分と暮らした方が贅沢ができるなどと吹聴したりする

などの行為があった場合にも、面会は拒否できます。

お子さんにとってお母さんの悪口をお父さんに言われるというのは
福祉の観点からも望ましくありません。

そのような言動に傷付いて、泣きながら帰ってくるお子さんも
います。

それでも久しぶりにお父さんに会えるという嬉しさもあり、
お子さんは混乱してしまうのです。

子供の成長にプラスになるのかどうかが、「面会交流」の判断の
メイン
になるのです。

ですから、お子さんの倫理観が歪んでしまったり、
心身の健やかな成長の妨げになるような行為があれば
「面会交流」は拒否できます。

 

子供が安心して面会できるようにするのが大人の役目

お子さん自身の気持ちを無視して、大人の都合で「面会交流」の話を
進めてしまいがちなのが現状です。

「子供に会いたいのに会わせてもらえない」と調停を起こす
父親もいると言います。

しかし、そうなる前にまずは「なぜ会わせられないのか」を
「お子さんの視点」で説明できなければいけません。

「子供を連れ去られてしまうんじゃないか」
「父親と暮らしたくなってしまうんじゃないか」

など、不安な気持ちから会わせたくないと考えてしまう方も
いるかもしれませんが、そうではなく、あくまでお子さんメインで
考えるようにしてみて下さい。

離婚したからといって、お子さんの父親と母親という関係は
断つことはできません。

そして自分の父親との交流というのは、本来はお子さんの
心の成長や安定に繋がるものでなければいけません。

そうなるように話し合いをして、交流の環境を整えるのが
大人の役割ということを忘れないようにしましょう。