旦那さんの浮気などが原因で、
奥さんが「一緒に生活するのが耐えられない!別居したい」と考えたとき、
気になるのは生活費のことだと思います。

実家などに頼れない場合などは特に不安になり、
仕方なく極力顔を合わせないように生活して
ガマンするという奥様もいるかもしれませんが、

別居をしたとしても旦那さんから
ある程度の生活費がもらえるとしたらどうでしょう?

今回は別居のときに生活費をもらえる権利である
婚姻費用の分担義務や費用の相場についてまとめてみたいと思います!

婚姻費用の分担義務とは?

婚姻費用の分担義務は、
夫婦がお互いの生活水準が同じくらいになるように
助け合わなければならないという
生活保持義務に基づいて定められている義務
です。

婚姻から生じる費用である衣食住にかかる費用や
医療費、お子さんの教育費などの、
いわば生活費を分担しなければならないという義務があります。

これらは夫婦円満に共に生活しているときには
特に気にする必要のない義務なのですが、
婚姻生活が破綻した場合には、
この「婚姻費用の分担」について考えなければなりません。

別居したからといって、夫が妻子に生活費を渡さないことは
法律的に許されない
ということになります。

この生活費の要求は将来やり直す気がない、
例えば離婚協議中だったとしても認められるんです。

支払わない場合には調停を起こすことも可能!

もし旦那さんが支払いに応じなかったり、
極端に少ない金額しか支払わないような場合には
調停を起こすことも可能です。

今まで通りの生活費を求めることが可能ですが、
具体的に金額が定められているわけでは無いので、

協議では決まらなかったり、
話し合いに応じてもらえないような場合には
調停を行うことができるわけです。

しかしその調停でもラチが明かないような場合には、
家庭裁判所で審判が行われて、
具体的な金額を決められることになります。

詳しい内容を知りたいときやアドバイスが必要なときには
一度裁判所へ相談してみると良いアドバイスをもらえたりします。

別居の生活費の相場の金額はいくらくらいなの?

別居の生活費である婚姻費用の相場ですが
だいたい毎月4万円〜15万円くらいが相場
言われています。

ですが、もちろん収入や別居に至った経緯などでも変わってきます。

つまり、もともと高収入の家庭だったとしたら
別居でもそれなりの婚姻費用を請求することができますが
低収入の家庭ならそれほど婚姻費用に期待できません。

また、どちらに非があって別居に至ったかで
減額されたりすることもあるので、
もし奥さんが不倫をした末の別居の場合には大幅な減額となるでしょう。

婚姻費用の金額の目安として家計簿が重要になることがあります。

普段からしっかりと家計簿をつけて、
いくらの生活費が最低限必要なのかをアピールしましょう!

いかがでしたか?

なかなか別居に踏み込めないという奥様には
強い味方になるこの「婚姻費用の分担義務」!
知っておいて損はないですよね。