お子さんがいるご家庭での離婚は慎重に
考えなければいけないことがたくさんありますよね。

例えば専業主婦の場合、離婚によって経済的な状況が一変しますから、
それを子供にも貧しい思いをさせるのはかわいそうなんじゃないかなど、
考えればキリがないと思います。

そこで、「子供のために離婚しないほうがよいのではないのか」といった
考えにいきつく方も多いのではないでしょうか。

ちょっと過激かもしれませんが、
子供のために私さえ我慢すればうまくいく。旦那はただのATM。
と割り切って耐えようとする奥様も私の知人にいます。

このように「家計が大変になるくらいなら離婚しなくてもいいや
と思う方もいらっしゃいますし

はたまた「どうしても旦那が嫌いで耐えられないから子供を連れて離婚しようかな
と思う方もいらっしゃると思います。


このようにいろんな離婚に関していろいろな考えがありますが、
離婚を意識し始めたときは、もし離婚したらこの先どうなるの?
ということを具体的に考えてみてはどうでしょうか。

そこで、まずは以下のように離婚でやらなければならないことを
具体的に書き出してみることから始めてみましょう。

子供のために離婚しないほうがよいのかを3つの視点で考えてみる

子供のために離婚しないほうがよいのかを考えるには
離婚後のことを考えるうえで
以下の3つの視点で考えておかないといけません。

1.離婚したらどこに住む?

離婚したら、旦那さんの家を出て行くことになります。

ですが、たとえ離婚しても実家に身を寄せることができるという場合には、
すぐに必要になる金額などは少ないため、働ける環境が見つかって、
引越しなどの費用が貯まるまではなんとかなるかもしれません。

しかし実家には頼れないという場合には、
とにかく働き先を見つけなければいけないですし、
子供の学校に近い場所などに住むところもすぐに探さなければいけません。

どうしても、資金がないというときには仕事が見つかるまで生活保護を
もらえるのかどうなのか、仕事の給料で足りない部分を生活保護で
補ってもらえるのかどうなのかを市町村区に相談することも必要になってきます。

2.働き先はどうする?

離婚する前に、早めに働き先を決めておくことはいいことです。

離婚して新居を決めてから見つければいいなんて悠長に構えていると、
いざというときに、なかなか働き先が決まらなければ
住む場所を見つけるのも大変になってきます。

なぜなら働き先が決まっていないと、収入がないので
部屋を貸してくれない住居というのは少なくない
からです。

もし働き先が先に決まれば働き先に近い場所から住居を探すこともできるので、
やはり住居よりも先に仕事を決めておいた方がいい
でしょう。

3.金銭面はどうする?

まず、離婚前から自分の口座を作って、こっそりと貯金をしていた方がいいでしょう。

旦那さんからの「養育費」ばかりをアテにしてはいけません。

世の中何が起こるかわかりませんから、
突然、養育費の支払いが滞ったときなどに備えて、
余裕を持った金銭の計画を立てておかなければいけません。

まずは新居の入居費用や引越しの費用、当面の生活費などを貯めこんでおくのはもちろん、
お子さんが小さい場合には時間外保育を頼むことになるかもしれませんから
その費用なども考えておかなければいけません。

もし、生活保護を頼らずに自立したいときには
とりあえず50万円は貯めておかないと厳しいでしょう。

まとめ

ここまで離婚後のことを考えてみて、
一番気になるのが仕事のことではないでしょうか。

離婚する前に、ためしに仕事を始めてみると
仕事と育児の両立の大変さが感じられる
と思います。

仕事をしている間、子供の面倒は誰に見てもらうのか
公共施設にお願いするのか、実家にみてもらうのかといったことも
考えないといけないですよね。

ただ、このように仕事を持ち、外に出ることで、
同僚と仲良くなることで、かえってリフレッシュになり
「離婚しなくてもいいや」と思えるケースもあります。

それでもやっぱり「旦那はいらない」と思えたなら離婚に踏み切れるハズです。

お子さんがいるから離婚ができないとお悩みの方は、

このように離婚のときの不安要素をひとつずつクリアしていき、
離婚しても、子供と二人で生活をしていけそうなのか、
具体的に細かく考えてみることから始めてみましょう!