今回はご自分で浮気チェックするときに不正アクセス禁止法違反に
なってしまう件についてまとめていきたいと思います。

メールをチェックする場合でも、
この「不正アクセス禁止法違反」になってしまう
ケースがありますから注意が必要です。

また、不正アクセス禁止法違反でなくても
今度はプライバシーの侵害にあたる可能性がでてきたりと結構複雑です。


 

不正アクセス禁止法違反になる場合とは?

まず夫婦や婚約関係に当たる場合には、
「夫婦以外で不貞行為を行なってはいけない」という法律上の決まりがあります。

不貞行為とは肉体関係のことをいいますが、
これは義務として課せられているものなのです。

 

パートナーの携帯やスマホのロック解除なしでメールチェックも違法?

不貞行為の可能性がある場合、

その調査を目的としたメールチェックのために
勝手にロックを解除しない限り、メールを見ても
「不正アクセス禁止法違反」にはあたりません。

ただ、プライバシーの侵害に当たる可能性がでてきますので
違法になってしまう可能性が考えられます。

訴えられた場合、小額の慰謝料請求をされる場合がありますので注意が必要です。

 

パートナーの携帯やスマホのロック解除も違法?

携帯やスマホのロックを解除してしまう行為自体は
わざわざロックをはずしてまで中身をみたことになり、
明らかに意図的な行動なのはあきらか
です。

ただ、こちらの場合も刑事的な罰というよりも
慰謝料請求の対象とみなされる可能性があります。

いずれにせよ、これらの証拠集めで、浮気や不倫であると
考えられる証拠がでてきても、

浮気の証拠とみなされる可能性はありますが、
高額な慰謝料請求するまでの証拠とはいえず、慰謝料請求できても
少額になってしまうでしょう。

 

高額な慰謝料を浮気相手やパートナーに望むなら

もし、どうしても200~300万クラスの慰謝料請求を望む場合は
探偵の浮気調査によるきちんとした浮気の証拠を武器として
慰謝料請求するしか他にありません。

では、話は戻りますが、どのような場合に
「不正アクセス禁止法違反」の罪に問われるのでしょうか。

 

不正アクセス禁止法にあたるのはどんなとき?

それは、ネットワークやクラウド経由でアクセスした場合です。

 

不正アクセス禁止法違反になる事例

例えば今はスマートフォンとパソコンを連携させて、
スマホに来たメールや連絡、
さらに利用したWeb履歴などをパソコンで
チェックできる遠隔アプリというのがあります。

これをパートナーには意図を隠したまま、

あるいはだまってパートナーのスマホにアプリを
登録して行動やメールなどをチェックするという行為は
「不正アクセス禁止法違反」にあたります。

さらに、入手・盗用したIDを無断で使用して
SNSやパソコンメール、Webなどをチェックしたり、
本人になりすまして浮気相手に連絡をとったりなどの行為も
「不正アクセス禁止法違反」になります。

ですので、ヤフーメールやGメールを覗き込むことも違反になります。

つまり、本人が所有しているIDやパスワードを盗用して、
本人以外の人がネットやクラウド経由で利用することが、
そもそも「不正アクセス禁止法違反」になってしまうんですね。

不正アクセス禁止法違反になると1年以下の懲役または50万円以下の罰金に
科せられる可能性がありますので注意が必要です。

不正アクセス禁止法違反にならない事例

逆に考えると、ネット回線を使用しないで
オフラインで本人のデバイスであるスマホのメールなどを直接見ることは
「不正アクセス禁止法違反」には当たりません。

もちろん、スマホのロックを解除するだけなら
「不正アクセス禁止法違反」にはならないわけなんですね。

パソコンや携帯、スマホには
直接設置されているメールボックスがありますが、
このメールボックスにあるメールを見た場合は不正アクセス禁止法違反的にはセーフです。

ただ、不正アクセス禁止法ではセーフですが、プライバシーの侵害で訴えられると
慰謝料を請求される可能性がでてきます。

 

このように、いくら不正アクセス禁止法違反にあたらないといって
浮気の証拠を集めても、結局はプライバシーの侵害という点では違法になる可能性がでてきます。

そうなると刑事事件までは発展する可能性は少ないのですが
民事で慰謝料請求されてしまったりするんですね。

もし、上記の方法で浮気の証拠を集めて提出しても証拠としての効力は薄いので
慰謝料を少なめでしか請求することはできません。

そこで探偵などに浮気調査を依頼すると、
実際に浮気しているのが第三者からみても十分にわかる証拠を
集めてもらえますので、慰謝料の金額は増えますし
裁判になっても勝てる可能性が高くなります。

わざわざ、自分で違法な可能性のあることをしなくても
探偵に頼むだけで、あなたに有利になるのですから
プロに頼むのがベストといえるでしょう。