不倫相手の女性が妊娠してしまったとき、男性は
さぞ焦ることでしょう。

自分の家族にバレたら…
養育費を払わなければいけないのか…
この先いったいどうすればいいのか…

そして自分の旦那さんがもしも不倫相手を妊娠させてしまったら、
奥様は旦那さん以上に目の前が真っ暗になるでしょう。

自分達に子供がいてもいなくても、地獄のような展開であることは
間違いありません。

こうなってしまったとき、一体どうすればいいのか、
「認知」について詳しく考えていきましょう。

 

「中絶する」と約束していた場合は?

中には、不倫相手の妊娠が発覚したときに「中絶する」と
約束したはずなのに、実は産んでいたというケースもあります。

産んでから「認知」についての連絡が突然来て、驚く人も
いるのです。

通常であれば、口約束でも「契約」であるとみなされますが、
「妊娠」や「中絶」となると話は別となります。

なぜなら法律上、そのような「中絶」の契約は「公序良俗に反する」と
みなされて、中絶の約束を守らなかったとしても咎められないから
です。

例え書面で「中絶する」と契約を交わしていたとしても、
裁判を起こしてその点を争ったところで負けるのは
旦那さんの方なのです。

 

家族に隠して「認知」することは可能?

不倫相手の子供の存在を知った旦那さんは、どうにか奥様に隠して
認知できないものかと考えるかもしれません。

しかし、奥様に隠して認知するというのは現実的ではありません。

なぜなら認知した時点で、旦那さんの戸籍には不倫相手の子供の名前が
「非摘出子」として記載されるからです。

※「摘出子」とは、婚姻関係を結んだ夫婦間の間に生まれた子供になります。

さらに「認知」をすれば養育費の支払いは義務になりますから、
もし支払いが滞った場合には給料から差し押さえも可能となります。

さらに旦那さんの遺産の相続の際にも、「非摘出子」にも相続の権利が
発生しますから、奥様やご家族に隠し通して認知を行うというのは
非現実的なのです。

 

「認知」を拒否することはできるの?

話し合いによる「任意認知」に関しては拒否することはできますし、
不倫相手の女性も「認知」を求めないのであれば「認知」する義務は
ありません。

しかし、不倫相手の女性が認知を求めて裁判を起こした場合、
もし裁判所が旦那さんの子供であると判断した場合には
「強制認知」されることになります。

さらにその裁判にて、「養育費」の金額なども決定されることに
なります。

裁判を起こされた場合は、旦那さんは「DNAの提供」を
求められることになります。

この鑑定において、旦那さんがお子さんと親子関係に無いことが
証明されれば、問題は解決されるでしょう。

ただし、DNAの提供を拒否すると、裁判所からの心証は悪くなります。

そしてDNAの提供が無くとも、不倫相手が旦那さんと内縁関係にあった
証拠を提示できた場合には、親子関係が認められることがあります。

 

将来的に夫婦の間のお子さんも知ることになる

もしも夫婦間にお子さんがいたとしてもいなかったとしても、
不倫相手の子供には旦那さんの財産の相続権が発生します。

つまり、夫婦間にお子さんがいた場合やこれから出来た場合、
そのお子さんは将来的に「自分に異母兄弟がいて遺産を
分けなけらばならない」という事実を知ることになる
のです。

「法定遺留分」というものがありますから、「非摘出子」に対して
遺産をまったく支払わないということはできないでしょう。

 

奥様は当然、慰謝料の請求ができる

不倫相手の女性は奥様に対して慰謝料を支払わなければいけません。

これから長い期間、養育費を支払わなければならないことを考えると、
奥様は大変悔しいでしょう。

慰謝料請求は、不倫をされてしまった奥様に与えられた権利ですから
堂々と慰謝料を請求しましょう。

 

「認知」を請求された場合は覚悟を決めて!

もしも「旦那さんの子供ではない可能性」があるのであれば、
DNA鑑定をすることで決着を付けられるでしょう。

訴えを起こした時点で旦那さんと子供の「実子関係」を立証するのは
あちらの責任になります。

裁判を起こしたということは、旦那さんの子供だということに
かなりの自信がある場合が多いです。

逆に「裁判は起こさないのでとにかく認知をしてほしい」と不倫相手が
言ってきたという場合には、もしかしたら他にも心当たりがあり、
裁判をするとかえって不利になると考えているのかもしれません。

「認知」を回避するには、最終的に「海外に移住して逃げる」
くらいのことをしなければまず不可能です。

「認知する」覚悟を決めてしまった方がいいでしょう。

しかし、少しでも自分の子供か疑わしい点があるのであれば、
まずはDNA鑑定から始めることが重要
です。

その際の鑑定費用は「認知」を請求している側である不倫相手が
持つことになる可能性が高いです。

 

まずは夫婦で話し合いを

「認知」は旦那さんの決断だけではなく、家族を巻き込んだ話し合いに
なることを避けては通れません。

夫婦間にお子さんがいらっしゃる場合には、将来的にそのお子さんにも
関わることとなりますから、夫婦できちんと話し合いを行いましょう。

その上で、それでも夫婦関係を続けて行くのか、離婚するのかを
決断しなければいけないでしょう。