ほとんどの不倫は男性側は遊びであり、
「妻とは離婚する」と言いながらも
そんな気はサラサラ無いというのが実状です。

しかしごく稀に、本当に妻と離婚する人もいます。

この場合、不倫相手の女性はいわゆる「略奪婚」に
なるわけですが、本当にそれで幸せになることが
できるのでしょうか?

 

慰謝料・養育費の支払いで生活は苦しいものに

最初はやっと日陰の身から解放されて自由に会え、
堂々とふたりで出かけられる日々に感動することでしょう。

しかし、結婚となると話はべつです。

彼は「奥さんへの慰謝料」、お子さんがいれば「養育費」、
あなたの存在がバレている場合あなたも「奥さんへの慰謝料」を
支払うことになります。

よほど金銭に余裕が無いと、生活は厳しいものに
なりかねません。

今まではこっそり旅行に行ったり、自由に会えない分の
罪滅ぼしで奮発したプレゼントなどをもらっていた場合、
その落差はすさまじいものがあるでしょう。

さらに人によっては、元奥さんがお子さんを旦那さん側で
養育するようにと言ってくるケースもあります。

新婚気分が味わえないまま、お子さんの子育てに
追われることとなった人も少なくありません。

離婚の有責事項は旦那さん側にありますから、
離婚条件は飲まなければならないのです。

そのお子さんが、年々元奥さんに似て行くことに
苦しめられる女性も多いのです。

 

”自分も同じめにあうかもしれない”不安との闘い

そして、もうひとつ大きな問題は

「いつか自分も捨てられるのではないか」

という不安が付きまとうことです。

彼とあなたの恋愛が、どんなに運命的で劇的なものだったとしても
結果的には彼は「奥さんを捨てた」というのが事実です。

もしもまた同じようなパターンに陥ったらどうでしょうか。

「これこそ運命の人だ」と思ってしまう相手に出会ったら
どうなるのでしょう。

その可能性が決して無いとは言い切れません。
そういった浮気と離婚を繰り返す人は、現実にいるからです。

このような不安を抱えながら生活を続けるのは
辛くないでしょうか。

幸せなうちは何とも思わないかもしれません。

しかし、いつこの不安が襲ってくるとも限りません。
そうなれば永遠にぐるぐると、そのループから
抜け出すことができないかもしれません。

そんな爆弾を抱えて、それでも結婚したいと
思えるのでしょうか。

 

離婚裁判は心身ともに傷つくことに

もしもやはり上手くいかず、離婚になった場合に
裁判まで発展するととても大変なことになります。

なぜならお互いの弁護士が「痛いところ」を
つつき合うからです。

つまりあなたと不倫関係にあったことや、
彼の離婚歴は格好のネタになるのです。

そうなれば心身共にボロボロになってしまうのです。

 

早急に答えを出さず、よく考えて!

「もしも奥さんと離婚しても、あなたと結婚するかは別の話」
伝えた方がいいです。

彼がそれでも離婚するかどうかで、本気度もわかります。

また、離婚してからの交際期間を長めに設けて
離婚後の彼の生活状況を見守った方がいいでしょう。

あなたの彼に対する感情も、背徳感があった上で
成立しているにすぎないものだったのかもしれません。