浮気調査をするとき、まずはメールチェックやLINEのチェックをすることは定番です。

その際にスマホなどのロックを解除して行うという方も多いのではないでしょうか。

しかしこのような行為は、一体どこまでが法律に触れないのでしょうか?

実は法律で考えるとなかなか複雑で曖昧なんです。

というわけで今回は、浮気調査の法律違反のボーダーラインについて考えてみようと思います。

浮気調査でも法律違反?夫婦でもスマホのロック解除してはいけない?

スマホのロックを解除してメールやLINEなどのやり取りを調べるときに、
もし「夫婦関係」や「婚約関係」な場合は罰せられるかどうかは非常に曖昧です。

なぜなら、プライバシーに関する様々な法律があっても、
「夫婦関係」であれば「浮気調査」を目的としてこのような行為をすることは、
問題ないと判断された事例があるからです。ですので、あくまで裁判官の判断次第ということになります。

実際に法律に抵触していても、「夫婦関係」なら許されてしまうというケースが
実際に過去にあったために、夫婦間においてのメールチェックなどの
違反のボーダーは大変曖昧になっていますので実際に罪に問われるかどうかは判断が難しいです。

実際にこちらのケースでも不正アクセス禁止法違反になりましたが逮捕の対象とはならず、書類送検で済んでいます。

もちろん、弁護士さん達は不正アクセス禁止法違反で罰せられる恐れがあるので
勝手にネット回線を利用してスマホや携帯のロックをはずたりパスワード入力するなどしてメールチェックすることは
良くないとおっしゃられていますし、悪質な場合は逮捕につながる可能性がありますし、
このような行為は違法ですので絶対にやめておきましょう。

それに、このような不正な証拠集めは民事で証拠として採用されるケースもあれば
そうでないケースもあり、これもまた曖昧になっています。

ですので、いくら不正に証拠を集めても採用されなければ
すべての努力が水の泡になってしまう可能性があります。

いずれにせよ、自分で浮気調査の証拠集めをするには
法律違反という道を辿る危険性は高いので、そのようなリスクを犯すくらいなら
探偵に浮気調査を頼むほうが安全なのでおすすめします。

それに探偵の集めた証拠としての信頼度は全然違ってくるので
浮気の証拠が取れると慰謝料はしっかりととれます。

また、先ほどの話に戻りますが「夫婦関係」ではなく、
それに準ずる権利が与えられる「婚約関係」ですら無いという場合には、

勝手にスマホのロックを解除してメールやLINEのやり取りを覗き見るという行為は、
「プライバシーの侵害」として相手が訴え出れば
賠償金などの支払いを命じられるという事態にもなりかねないです。

カップルでこのようなことをしているという方は気を付けたほうがいいでしょう。

以下のようなロック解除や浮気メールチェックは完全に違法なのでNGです!

では夫婦間であっても完全に許されない行為というのはどんなものでしょう。

同じメールチェックでも、以下の場合は完全にアウトになりますので注意が必要です。

例えば、仕事専用に使用しているパソコンや、
会社から支給されているパソコン、タブレット、携帯電話などがあるという
旦那さんも多いのではないでしょうか?

これらのデバイスには会社から機密保持がかけられていて、
内容を漏らさないことはもちろんですが、パスワードを漏らすことも厳禁です。

この全社員にかけられている秘密保持義務は、家族といえど脅かすことは厳禁ですから、
旦那さんがこれらの端末のロックを解除する瞬間を盗み見るという行為もアウトになってしまいます。

もちろんロックを解除して中身を見るのは、社外秘データを盗むのと同じ行為にあたりますから、
会社のデータではなく浮気調査を目的としていてもアウトなんです。

会社からの支給品デバイスで浮気メールをしているかもと
心配される方はついつい見たくなるかもしれませんが
訴えられれば夫婦間では済まされない大変なことになる恐れがありますので
絶対にやめておきましょう。

この方法で浮気の証拠を掴んだとしても、法的に証拠として認められない可能性が高いですし
社会的にも倫理的にも大きな問題があると判断されることになるでしょう。