40代とは思えない美貌で活躍中のモデル平子理沙さんと、
俳優の吉田栄作さん夫妻の離婚が発表されました。

この夫婦は以前から離婚の噂が絶えなかっただけに
実際に離婚になっても驚かなかった人が多いのでは
ないでしょうか。

「お互いの時間を大切にしたい」との思いから
別宅を持ったりと、ちょっと珍しい夫婦関係を
築いていた二人でした。

しかしこの夫婦、平子理沙さん側にも吉田栄作さん側にも
「不倫」報道があったことでも有名です。

そのたびに離婚の話もついてまわっていましたから、
離婚は時間の問題だったのかもしれません。

 

平子理沙はカメラマンや俳優と度々不倫報道が!

平子理沙さんは海外で学生生活を送った影響からか、
異性ともフランクでスキンシップに関しても、日本人とは
違った感覚の持ち主です。

女性誌で活躍する有名カメラマンと「過剰な」スキンシップを
して、週刊誌に「不倫報道」としてスクープされたことも
あります。

カメラマンの膝の上に乗ったり抱きついたり、ハグをしたり、
手を繋いだり…

日本人の感覚から言うと「恋人同士」に見えても仕方ないのでは
ないでしょうか。

また、離婚間際には俳優の村井克行さんとの不倫報道が
ありました。

「すでにマンションで同棲している」
「家族ぐるみで旅行に行っている」

などの週刊誌の内容から見ても、これもまた「恋人同士」と
思われるような行動です。

しかし、この村井克行さんの件では、平子理沙さん自身が
インスタグラムなどで「昔から家族ぐるみでの友人関係」であると
釈明していて、吉田栄作さんとの離婚には関係無いとしています。

とはいえマンションに招いたりなどは、さすがに疑いを持たれても
仕方のない軽率な行動と言えるでしょう。

 

吉田栄作は加賀美セイラとの不倫報道が!

一方で吉田栄作さんには、加賀美セイラさんとの
不倫報道が出ていました。

加賀美セイラさんもまたモデルであり、平子理沙さん同様に
海外的なオープンな性格で知られています。

吉田栄作さんは「ザ・日本人」な女性よりも、そういった
外人っぽい感覚を持つ女性が好みなのかもしれません。

週刊誌では加賀美セイラさんを後ろから抱っこするように
ハグしたり、顔をかなり近付けて会話している様子が
写真付きで掲載されていました。

加賀美セイラさんの笑顔も印象的な、親密ぶりが伺える
写真となっています。

加賀美セイラさん自身は昔から吉田栄作さんに憧れを
抱いていたようで、数年前に自身のブログでも吉田栄作さんの
ことを”カッコいい”と絶賛する内容を載せていたこともあります。

それ以降は、ブログで吉田栄作さんについて触れることは
なかったのですが、スクープ記事を見る限り、以降どんどん
親密になっていっていたようです。

 

慰謝料などは無しの”円満離婚”を強調

平子理沙さんはインスタグラム内で

これからも彼は大切な友人、これからも会うと思う

と、円満離婚と友人関係として関わって行くことを綴っています。

吉田栄作さんもまた「円満離婚」を強調しています。

両者とも「不倫」というお互いの痛い腹を探らずして
円満離婚という形をとりましたが、これはあくまで芸能界に
身を置いている二人だからこその選択でしょう。

芸能人の二人にとっては、お互いのイメージや今後の芸能活動に
影響を及ぼさない上で、円満離婚を強調するのは当然とも
言えます。

 

これが一般人だったらどうなる?

しかし、このダブル不倫疑惑、一般人だったら
どうなるのでしょう。

おそらくはお互いがお互いの不倫を離婚の原因として
主張することになるのではないでしょうか。

慰謝料の請求のしあいになる可能性ももちろんあります。

平子理沙さんと吉田栄作さんの場合は、お子さんが
いらっしゃらないのでいいですが、一般人でもしお子さんが
いらっしゃったらもっと悲惨なことになるかもしれません。

双方の話し合いによる「協議離婚」で収まればまだいいですが、
調停や裁判まで発展してしまった場合には、互いの不倫の
暴露合戦になる可能性もあります。

 

不倫は「証拠」があって初めて立証される

「協議離婚」なら証拠がなくても慰謝料の請求等の取り決めは
できますが、「裁判」となれば「証拠」無くしては
「不貞行為」があるとは認められません。

「不倫」を軸に離婚を進めるのであれば尚更ですし、慰謝料の
請求をするのにも欠かせないのが「証拠」です。

ダブル不倫ともなれば、「自分が浮気をしたのは配偶者が
浮気をしたから」と主張する場合もあるでしょう。

そうなれば、どちらにより非があるのかを判断する上でも、
どれだけ「証拠」を集められたのかによるのです。

 

事実よりも「証拠」!確実に集めるには探偵へ依頼!

事実がどうであったのかなんてことは、結局のところ
本人にしかわかりません。

証明したいのであれば「証拠」を用意するしかないのです。

結局は「証拠」を多く集めたものが勝つのが、不倫による
離婚裁判なのです。

そうなると、「どちらが早く探偵に調査を依頼したか」に
よって差がでてしまうのも仕方がないことでしょう。

離婚を優位に進められるかどうかは「証拠」によるのです。

まさに夫婦でダブル不倫状態という人も、配偶者の浮気を
疑っていると言う人も、先手を打つために必要なのは
確たる「証拠」と言えます。

優秀な探偵に依頼することがそのスタートとなるのです。

気になるという方は、まずは相談のお電話から始めてみては
いかがでしょうか。