一昔前はmixi、今ではlineやフェイスブックなどで
浮気に発展することがよくありますよね。

特にフェイスブックは公開範囲を設定していれば、
全く知らない人から来るということはないでしょうが、
それでも学生時代のお友達や元恋人を実名で検索することができます。

「いまごろ、あの子何してるんだろう?」
「そういえば、高校のときにあの子、俺に告ったことあったよな・・・
いま、美人になってたら会ってみたいけどな。」

このように考える男性は多いのでフェイスブックでの浮気が絶えません。

また、旧友のように過去の接点がまったくなくても、
適当に検索してナンパ目的で近づく男性もいます。

こういった男性は常に物色相手を探しているのです。
もはや病気ですよね・・・

とまぁ、こんな感じでフェイスブックの検索を使って浮気相手を物色する人は確実にいます。

あなたのパートナーは大丈夫ですか?
フェイスブックで浮気しているかもしれませんよ。
 
今回はあなたのパートナーがなぜフェイスブックで浮気ができてしまうのか?
もし浮気をしているとしたら発見する方法はあるのか?といったことについて迫っていこうと思います。

なぜフェイスブックで浮気をするのか?

そもそもなぜフェイスブックで浮気相手を物色するのかというと、
やはりフェイスブックで顔写真がすぐに見れるようになっているからでしょう。

元カノが美人になってたらついつい連絡を取ろうとしてしまいます。

ただ、自分に奥さんがいてもこういうことをするのは
「そういう浮気癖のある人だから」としかいいようがないですよね。

浮気をする本人は目の前に浮気できるツールがあるのだから
使わずにいられないということなのでしょう。

 

フェイスブックで浮気相手が釣れてしまうのはなぜ?

あなたのパートナーか浮気相手のどちらかが
誘わなければ浮気にまで発展しないのですが、

大抵誘うほうは男性のほうなので、
うっかり誘いに乗ってしまった女性は単純に「魔がさした」といえます。

そもそもフェイスブックからの誘いですぐにのってしまうのは
誘惑に弱いタイプなのは確実です。

もし誘いに乗りたくないなら誘惑される要因となる
フェイスブックの「公開範囲」を狭めたり、
誘いが来てもスルーすればいいだけ
ですからね。

 

facebookから浮気相手を発見する方法とは?

あなたのパートナーがフェイスブックをもっているかどうかわからない場合は、
あなたのパートナーの実名とフェイスブックで検索すれば確認できる場合があります。

なかにはネット検索でも、どうしても見つからないものもありますが・・・
そういった場合は、あなたのパートナーがtwitterやブログをしていれば
フェイスブックのリンクが貼ってある可能性が高い
ので、いろいろとチェックしてみましょう。

もしあなたのパートナーのフェイスブックが発見できた場合は
友達リストに浮気相手のフェイスブックがあるか調べましょう。

もし浮気相手と思われるフェイスブックがあれば、そのフェイスブックから
浮気の証拠が掴める可能性がでてきます。

もし、あなたがフェイスブックを持っていない場合は、フェイスブックを開設して
ログインすれば見ることができるでしょう。

もし、浮気相手のフェイスブックらしきものを発見した場合には
ブログをやっている場合はブログの投稿にあなたのパートナーとのデートの写真様子などが
掲載されている可能性もありますのでブログの記事を読んでみることをおすすめ
します。

最近では、スマホの普及の影響でどこかへデートした場合などは
すぐにブログやフェイスブック、twitterなどで投稿する習慣が増えています。

ですので、浮気の証拠がつかみやすい時代ともいえるのです。

もし、パートナーが出張した場所や日付がわかる場合は
浮気相手と思われる方のブログ投稿やフェイスブックのタイムライン投稿で
同じ日に場所へ出かけていたりすれば怪しいということになりますので
照らし合わせてみましょう。

また、このようにパートナーや浮気相手がアップしたタイムラインの投稿で
いいねボタンを押していたり第三者が見ても浮気を連想させるような
コメントしたりしている浮気相手もいますのでよく観察してみましょう。

このようにフェイスブックから浮気の証拠が見つかる可能性はありますが、
離婚や慰謝料請求をするための証拠としては効力は不十分です。

なぜなら、肉体関係があったことを立証できるような
映像的な証拠が乏しいからです。

本格的に離婚や慰謝料請求などを考えている場合は

探偵の浮気調査で言い逃れのできない映像的な証拠を手に入れれば
浮気をやめさせたり慰謝料請求したり、離婚できたりといった目的が達成できると思います。