別居期間中、妻が家にいないのをいいことに
旦那さんが家に女性を連れ込んでいたらといった話はよくあるケースです。

たとえ別居とはいえ婚姻関係は結ばれたままですから、
2人は法律上は夫婦のままですよね。

しかし、たとえ夫婦関係とはいえ別居となると
慰謝料がもらえるかどうかはケースによります。

時と場合によってはあなた自身の別居前の行動がきっかけで
慰謝料がもらえなくなる場合だってあるんですね。

今回は別居中の不貞行為で慰謝料がもらえるために
気をつけることをご紹介していきたいと思います。

別居をするときに離婚というキーワードを出すとあなたが不利に?

別居を開始する前に、なぜ別居するのかといった理由を弁護士を通したり、
置手紙などで伝えるなどで配偶者に説明しなければならない
というのは法律上のルールです。

つまり配偶者に黙って別居することはできないので注意が必要です。

ただ、このとき「離婚」という言葉を使うと
あなたにとって不利になる可能性があります。

たとえば
「あなたとの離婚を考えている」や
「あなたとの離婚を前提に」などといったフレーズを使って別居を開始してしまうと

別居中の不貞行為があっても
慰謝料がもらえなくなってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。
 

なぜ「離婚」という言葉を使うと慰謝料がもらえなくなるの?

離婚という言葉を使うと、夫婦はすでに婚姻関係が破綻していたことになります。

つまり離婚という言葉を使うと別居前に婚姻関係がすでに破綻していたことが
明らかになってしまうので、別居期間中にほかの女性との関係を持たれても
不貞行為とは見なされず、慰謝料の請求ができなくなってしまうのです。

当然「別居中すでに婚姻関係は破綻していた」と相手に主張されてしまったら
慰謝料はもらうことはできません。
 

慰謝料請求できるような理由で別居するのがベスト!

あなたが最初から離婚したくて別居したいのだとしても、
この本心は旦那さんには隠しておくのがベスト
なのです。

つまり、あくまでも「婚姻関係を正常に戻すための冷却期間」
として別居を提案するとよい
でしょう。

別居理由が「婚姻関係を継続させるために、一旦距離を置くことにした」
ということであれば、
たとえ別居中であったとしても婚姻関係が破綻したとは判断されないでしょう。

そうなれば、別居中にもし旦那さんが不貞行為をすると、
その分の慰謝料を請求できることになります。

このように「婚姻関係を継続する意思があるかどうか」によって
別居期間中の不貞行為の慰謝料請求が可能になるか、
不可能になるかの分かれ道ということになりますので
よく考えてから別居の理由を決めたほうがいいですね。

夫婦関係が破綻していると思われないように気をつけよう!

どんなに夫婦関係が破綻してないと主張しても第三者から
「別居していても婚姻関係を継続する意思がある」とみなされるためには、
それなりの努力も必要となります。

旦那さんの連絡を無視し続けたり、
同居を求める話し合いに応じようとしなかったりすると、
「婚姻関係を継続する意思がない」と言っているようなものですので

旦那さんとの連絡は取るようにしましょう。

そうしなければ、不貞行為をされても原因は
少なからずあなたの態度にもあると判断されかねません。

「別居中でも不貞行為を許さない!もし不貞行為をされたら慰謝料も欲しい!」
という方は、夫婦関係を維持するための努力を惜しんではいけません。

 

離婚を別居の理由にしなければ他にもメリットがたくさん!

離婚というキーワードを避けて別居の話をすることで、
旦那さんに別居自体に応じてくれやすくなります。

旦那さんが離婚を望まない場合は別居も受け入れてくれないことが多いですが、
婚姻関係を継続するために別居をしたいと言えば
応じてくれる可能性はグーンとアップします。