旦那さんの浮気に耐えられない・・・
そんなとき「もう出てく!別居したい!」と
考えてしまうことってありますよね?

ですが別居する前に別居したい理由を話さなければいけないというルールがあります。

もしこのルールを守らないで勝手に子供を連れてでていってしまうと、
後であなたが損をすることになりかねません。

よく旦那さんが「帰ったら妻と子供がいなかった…」なんて、
あるある話を聞きますが、
これをしてしまうとあなたが不利になるので注意!

 

別居したい理由を言わずに黙って出て行くと、相手が悪いのにあなたが損をすることも?!

先述にも書きましたが別居をしたい場合は、配偶者に対して、
その理由を説明しなければならないルールがあります。

このルールを守らないで黙って勝手に出て行ったり、
配偶者からの復縁や同居の要求をひたすら無視し続けたりしてしまうと、
「同居義務違反」になってしまいます。

そうなると、いざ離婚をしたいときに、
配偶者から「悪意の遺棄」として離婚事由の有責はあなたにあると
訴えられてしまうことになりかねない
です。

ですので、家を出る前にはきちんと「これこれこういう理由で別居をしたい」と説明してから家を出るようにしましょう。

 

別居したい理由を面と向かって話す自信がない場合には手紙でも可!

もしも旦那さんの暴力などに原因がある場合、
別居の話を直接するのは不安ですし、事態が悪化しかねませんよね。

そういったときには手紙で理由を説明したり、
弁護士に間に立ってもらったりして2人きりで話し合いをすることは避けましょう。

ただし、手紙は物証となり相手に残ることになりますから、内容には注意が必要になります。

心配だという方はこの時点から
弁護士などに相談した方がいい
かもしれませんし、

暴力が原因の場合には避難シェルターに入ることが
可能となるケースもありますから、
まずは市などの行政窓口に相談するのもいいかもしれませんよ。

 

財産の把握はしっかりと!

出て行くときに、自分の名義になっている預貯金や
財産は持って行くことができますが、
夫婦の共有財産はそうはいきません。

もしも夫婦共有の財産を勝手に持ち出すと、後で離婚の協議で
不利になる可能性もありますから注意が必要です。

かといってそのまま出て行って旦那さんに勝手に使ってしまったり、
自分の実家などの名義に書きかえたりする危険性もありますから、

旦那さんの給与明細のコピーをとったり、
財産もきちんと把握した上で家を出ましょう。

さらに勝手なことをされたくない場合には、
家庭裁判所にその旨を訴えれば財産の処分ができないようにすることも可能です。

別居は、勢いで家から出て行きたくなる気持ちもわかりますが、
やるべきことをやってからではないと、あなたに原因が無いのにもかかわらず、
いざ離婚の際に不利になってしまいかねないので注意して下さいね!